バーチャルオフィスのススメ

日本全国のバーチャルオフィスを研究して、おすすめの優良サービスを紹介します!

【バーチャルオフィス研究レポート】ブランドカオスマップ・サービス比較表・ポジショニングマップ・エリア別優良物件ガイド

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

カオスマップ・サービス比較表・ポジショニングマップ・エリア別優良物件ガイド

バーチャルオフィスは急成長している市場でサービスの種類が多く、何をどう選べばいいのか迷ってしまうという方が多い状況です。
こちらの記事で、優良サービスを厳選し、コスパ・安心度・サービス力を総合的に比較できるように、カオスマップ・サービス比較表・ポジショニングマップ・エリア別優良物件ガイドをご提供します。
ぜひ、ご活用ください!

 

この記事を読んで実現できること

ブランドカオスマップ・サービス比較表・ポジショニングマップ・エリア別おすすめ優良物件ガイドでバーチャルオフィスの動向を客観的に把握できます。

 

執筆者の紹介

 

バーチャルオフィスの基礎知識

バーチャルオフィスは、賃貸契約をすることなく、事業に必要な住所、電話番号、受付対応、郵送物の受け渡し、法人登記などを可能にするサービスです。

コストを最低限に抑えて、ブランド力がある超一等地の場所を、登記の住所や名刺の住所にすることができます。

バーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスは、必要なときに、必要な機能を利用できるため、コスト面でとても効率的です。

  • 会議室やオフィスの備品も利用できるので、起業して間もない方や、新たに拠点をつくりたい方は、必要なものをセットでそろえることができます。
  • バーチャルオフィスでオフィス経費を節約することは、固定費を大きく抑制して、利益率をアップさせる、最もシンプルかつ確実な経営手法です。
  • 自宅住所を公開せずに事業を運営することができ、プライバシーや家族の安全を守ることができます。

バーチャルオフィスのユーザー

バーチャルオフィスは、様々な企業、個人事業主フリーランス、副業をされている方などで、オフィススペースを必要としていないユーザーにとても役立ちます。

  • 自宅で仕事をしているが、法人登記や銀行口座開設の住所を必要とする方
  • 会議や商談のスペースが必要な方
  • 電話や郵便物の管理をアウトソーシングしたい方
  • 地方など複数の地域にオフィスを構える必要がある方
  • フルタイムでオフィスに通勤する必要がなく、必要に応じてワークスペースをレンタルしたい方
  • ネットショップの「特定商取引法に基づく表記」の住所が必要な方
  • 自宅の住所を公開せずに、副業やコミュニティ活用などをしたい方...など

【バーチャルオフィス(住所貸し・法人登記・オフィスサービス)の基礎知識】
市場規模、業界動向、ユーザー動向、サービス動向、選び方、注意点

 

バーチャルオフィスの市場動向

国内のバーチャルオフィス市場

日本のバーチャルオフィス市場規模は、約50億円程度とされています。
また、この市場は今後も成長が見込まれており、2025年までには100億円以上にまで拡大すると予測されています。

参考資料:フレキシブルオフィスの市場動向

フレキシブルオフィスとは、コワーキング、レンタル、シェアオフィスなどのオフィスサービス。
市場規模
2023年度:約1,500億円2026年度:約2,300億円今後も、拠点数が増加し、市場は拡大が見込まれています。
㈱日本能率協会総合研究所調べ

海外のバーチャルオフィス市場

海外のバーチャルオフィス市場は、2021年の調査によると、年平均成長率が13.5%で、2027年には382億ドルに達すると予測されています。
特に、都市部のビジネスマンや新興国の自営業者など、オフィススペースの高額さやアクセスの制限がある地域では、バーチャルオフィスの需要が高まっています。

世界のサービスオフィス市場動向

サービスオフィスは、オフィスに必要なものがすべてそろっていて、レンタルで提供されるオフィスサービス。
市場動向
2022年の333億米ドルから2023年には複合年間成長率(CAGR)18.6%で394億9000万米ドルに成長すると予想されています。
2027年にはCAGR17.1%で742億1,000万米ドルに成長すると予想されています。
エリア別に見ると、2022年では、「アジア太平洋エリア」が最大で、次に「北米エリア」が続いています。
㈱グローバルインフォメーション調べ

 

バーチャルオフィス業界のカオスマップ

こちらのカオスマップで、バーチャルオフィス事業者をタイプ別に整理しています。

優良バーチャルオフィスカオスマップ

バーチャルオフィス事業者は、出店エリア、コストパフォーマンス、ネットショップにフォーカスしたもの、郊外で地域密着にフォーカスしたものなど、それぞれに強みがあります。

日本全国展開型バーチャルオフィス

大都市部から地方都市まで、日本全国から希望の住所を選べます。
ワンストップビジネスセンター公式HP
karigo公式HP

グローバル展開型バーチャルオフィス

大手不動産グループ傘下の外資企業が提供する超高級サービスです。
店舗数も多く、大都市部から地方都市までカバーしています。
Regus公式HP

首都圏エリア特化型格安バーチャルオフィス

東京・神奈川・千葉・埼玉に特化した格安サービスです。
アントレサロン公式HP
レゾナンス公式HP

東名阪福大都市展開型格安バーチャルオフィス

東京・名古屋・大阪・福岡の超一等地に特化した格安サービスです。
有名IT企業グループが運営しています。

GMOオフィスサポート公式HP
DMMバーチャルオフィス公式HP

東京エリア特化型格安バーチャルオフィス

東京都の超一等地に特化した格安サービスです。
会議室使い放題や、安心の自社ビル運営など、個別のメリットがあります。
ユナイテッドオフィス公式HP
METSOFFICE公式HP

東京都特定都市特化型格安バーチャルオフィス

東京の特定の街に密着した格安サービスです。
それぞれの街のブランド力を有効活用できます。

ナレッジソサエティ公式HP千代田区九段下)
NAWABARI公式HP(目黒区学芸大学)
ポケットオフィス公式HP(渋谷区桜丘町)
バーチャルオフィス1公式HP(渋谷区道玄坂)

超格安バーチャルオフィス

超格安プライスが売りのサービスです。
和文化推進協会公式HP

ネットショップ特化型バーチャルオフィス

ネットショップ運営に必要な、特商法に関する表記の住所貸しに特価した、格安サービスです。
R-INNOVATION公式HP

郊外エリア地域密着型バーチャルオフィス

郊外の地域密着型格安サービスです。
地域コミュニティとのつながりが強みです。

デジラボ公式HP(千葉県松戸市
京都バーチャルオフィス京都府京都市上京区

 

バーチャルオフィスのサービス比較表

次は、それぞれのバーチャルオフィスのサービスパフォーマンスを確認してみましょう。
コスパ・安心感・サービス力の視点から評価しています。

ブランド 評価 エリア 初期費用 月額料金 法人登記 口座開設 郵便転送 電話転送 会議室 ワーク
スペース
受付 起業支援

レゾナンス
レゾナンス公式HP
レゾナンスをもっとくわしく

コスパ
★★★★★
安心感
★★★★
サービス
★★★
首都圏 5,500円~ 990円〜 × × ×

R-INNOVATIONlogo
R-INNOVATION公式HP
R-INNOVATIONをもっとくわしく

コスパ
★★★★★
安心感
★★
サービス
東京都 5,500円~ 550円〜 × × × × ×

アントレサロンlogo
アントレサロン公式HP
アントレサロンをもっとくわしく

コスパ
★★★
安心感
★★★★
サービス
★★★★
首都圏 0円 3,800円〜

DMMバーチャルオフィスlogo
DMMバーチャルオフィス公式HP
DMMバーチャルオフィスをもっとくわしく

コスパ
★★★★
安心感
★★★★
サービス
★★★★
東阪名福 5,500円~ 660円〜 × × ×

GMOオフィスサポートlogo
GMOオフィスサポート公式HP
GMOオフィスサポートをもっとくわしく

コスパ
★★★★★
安心感
★★★★
サービス
★★★★
東阪名福 0円 660円〜 × × ×

Karigologo
karigo公式HP
karigoをもっとくわしく

コスパ
★★★
安心感
★★★★
サービス
★★★★
全国 5,500円 3,300円〜 ×

ワンストップビジネスセンター

ワンストップビジネスセンター公式HP
ワンストップビジネスセンターをもっとくわしく
コスパ
★★
安心感
★★★★
サービス
★★★★★
全国 9,800円 4,800円〜 ×

ユナイテッドオフィスlogo
ユナイテッドオフィス公式HP
ユナイテッドオフィスをもっとくわしく

コスパ
★★★
安心感
★★★★
サービス
★★★★
東京都 6,600円 2,310円〜 × ×

Reguslogo

Regus公式HP
Regusをもっとくわしく

コスパ

安心感
★★★★
サービス
★★★★★
全国 お問い合わせ
ください
9,300円〜

METSOFFICElogo

METSOFFICE公式HP
METSOFFICEをもっとくわしく

コスパ
★★★
安心感
★★★★★
サービス
★★★★
東京都 6,280円~ 270円〜 × ×

バーチャルオフィス1logo

バーチャルオフィス1公式HP
バーチャルオフィス1をもっとくわしく

コスパ
★★★★★
安心感
★★★
サービス
★★★
渋谷区
広島市
5,500円 880円〜 × × ×

PocketOfficelogo

ポケットオフィス公式HP
ポケットオフィスをもっとくわしく

コスパ
★★★★★
安心感
★★★★
サービス
★★★★
渋谷区 5,500円 1,078円〜 × ×

ナレッジソサエティlogo

ナレッジソサエティ公式HP
ナレッジソサエティをもっとくわしく

コスパ
★★★
安心感
★★★★★
サービス
★★★★★
千代田区 16,500円~ 4,950円〜

和文化推進協会logo

和文化推進協会公式HP
和文化推進協会をもっとくわしく

コスパ
★★★★★
安心感
★★★
サービス
★★★
京都市 0円 550円〜 × × ×

NAWABARIlogo

NAWABARI公式HP
NAWABARIをもっとくわしく

コスパ
★★★★
安心感
★★★★★
サービス
★★★★
目黒区 0円 1,000円〜 × × ×

digilabo

デジラボ公式HP
デジラボをもっとくわしく

コスパ
★★★★
安心感
★★★
サービス
★★★
千葉県
松戸市
2,000円 2,200円〜 × ×

京都バーチャルオフィス公式HP

京都バーチャルオフィス
をもっとくわしく

コスパ
★★★★
安心感
★★★
サービス
★★★
京都市 5,500円 1,650円〜 × × ×

※サービス比較表には、公式HPとあわせて、サービス別にくわしく解説した記事のリンクから、気になったサービスの詳細や、クチコミ・評判などを調べていただけるようになっています。
ぜひ、ご覧ください。

 

バーチャルオフィスのポジショニングマップ

次のポジショニングマップは、事業継続の安心度から厳選した、優良バーチャルオフィスサービスのポジションを見える化したものです。
バーチャルオフィス選びの目安としてご活用ください。

立地×価格

ポジショニングマップ-b

立地×価格の軸で分析してみると、都市部の住所を低価格な料金で提供するバーチャルオフィスがたくさんあり、競争が激化していることがわかります。
都市部でバーチャルオフィスを探している方は、複数の見積を取って検討されることをおすすめします。

サービス×価格

ポジショニングマップ-a

サービス×価格の軸で分析してみると、都市部から地方までカバーするバーチャルオフィスのサービス力が高いことがわかります。
また、バーチャルオフィスの利用目的や、立地をしぼったものは、コストパフォーマンスが高い傾向にあります。
バーチャルオフィスの利用エリアや目的に応じて、検討候補をしぼり込み、見積を取って検討されることをおすすめします。

 

エリア別バーチャルオフィス優良物件ガイド

全国のバーチャルオフィスの優良物件をエリア別に整理してご紹介しています。
エリア別の業界動向なども掲載しています。

東京都のバーチャルオフィス優良物件ガイド

港区中央区渋谷区新宿区千代田区品川区豊島区文京区台東区世田谷区目黒区中野区 杉並区北区墨田区吉祥寺・調布・府中・立川町田市・多摩市

神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県群馬県のバーチャルオフィス優良物件ガイド

横浜市川崎市厚木市・座間市・橋本市千葉市・船橋市・松戸市さいたま・大宮・越谷つくば市水戸市高崎市

大阪府京都府兵庫県のバーチャルオフィス優良物件ガイド

大阪府京都府神戸・伊丹・姫路

愛知県・静岡県岐阜県三重県のバーチャルオフィス優良物件ガイド

名古屋刈谷市・豊田市・安城市静岡市岐阜四日市市

福岡県・大分県長崎県熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県のバーチャルオフィス優良物件ガイド

天神・博多北九州市大分市長崎市熊本市宮崎市鹿児島市那覇市

北海道・青森県秋田県岩手県宮城県山形県福島県のバーチャルオフィス優良物件ガイド

札幌青森市・八戸市秋田市盛岡市仙台市山形市郡山市

新潟県・長野県・富山県・石川県のバーチャルオフィス優良物件ガイド

長野市新潟市富山市金沢市

岡山県広島県香川県愛媛県高知県のバーチャルオフィス優良物件ガイド

岡山市倉敷市広島市尾道市高松市松山市高知市

 

バーチャルオフィスの選び方とチェックポイント

バーチャルオフィスを選ぶときは、次のチェックポイントから、あなたのビジネスに最もメリットがあるサービスを選びましょう。

住所とオフィスをチェック

ブランディングや商談の場所を目的として利用する場合は、希望の超一等地の住所が借りられるかをチェックしましょう。
どのようなオフィスビルなのか、最寄駅からのアクセス、街の状況や評判などを検討して候補を絞り込み、最終的に現地調査や内覧をして選ぶことが重要です。

コストをチェック

初期費用、月額料金、オプション料金などをあわせた合計金額を確認することが重要です。
初期費用や月額料金が安くても、利用条件やオプションによって、結果的に料金が高くなるケースもあります。
バーチャルオフィスの利用条件と各種費用をしっかりチェックして、予算内で運用できるものを検討しましょう。
ネットでかんたんに見積ができるので、実際に問い合わせをすることをおすすめします。

サービス内容をチェック

バーチャルオフィスの利用目的にあったサービスを選びましょう。
主なサービスには次のものがあります。
・法人登記
・銀行口座開設
・郵送物の受取と転送
・電話転送
・電話秘書
・会議室
ワークスペース
オプションを増やしすぎるとコストが高くなるケースもあるので、必要なオプションだけ選び、ランニングコストを抑えるように心がけましょう。

提供企業の信用度と事業継続性をチェック

ビジネスの拠点を託すわけですから、突然のサービス終了や住所の移転は避けたいところです。
バーチャルオフィスの提供企業が信用度と事業継続性をしっかりチェックしましょう。
・大手企業である
・自社ビルを活用している
・財務状況が安定している
・バーチャルオフィス専業で実績がある
・店舗数や利用者が多い

銀行の法人口座開設実績をチェック

バーチャルオフィスの中には法人口座が開設しにくいものもあると言われています。
実際は、バーチャルオフィスだから法人口座が開設ができないということはありませんが、検討しているサービスが、ちゃんと法人口座が開設できるバーチャルオフィスなのか、しっかりチェックしましょう。
・銀行との連携がしっかりしている
・グループ会社に銀行がある
・法人口座開設の実績がある
・法人口座開設のサポートがある

将来の事業展開も考えて、上位プランやオプションをチェック

事業活動をしていく中で、必要なサービスや機能が増えてくることもあります。
たとえば、電話番号をホームページや販促ツールなどに記載したところ、想定よりも多くの問い合わせや申し込みの電話がかかってきたり、郵送での申し込みが大量に来たりすることもあり得ます。
結果的に、郵便の転送や電話応対サービスを契約しておいた方が、売上のロスを防ぐことができたというケースもあります。
プラン変更が柔軟にできるサービスかどうかをチェックしておくことをおすすめします。

 

バーチャルオフィス優良物件のよくある質問

バーチャルオフィスを検討する際の「よくある質問」を紹介します。

  • Q.バーチャルオフィスにはどんなサービスがありますか?
    A.事業者によりますが、現在では、様々なサービスが提供されています。
    ・法人登記に利用できる住所の貸出し
    ・郵便物の代理受け取り・転送・来店引き渡し
    ・オフィス受付
    ・専用電話の貸出し
    ・電話転送
    ・電話秘書代行
    ・FAXサービス
    ・オフィス備品、高速Wi-Fiの提供
    ・大小会議室の貸し出し
    ・個室やコワーキングスペースの貸し出し
    ・レンタルロッカー
    ・法人銀行口座開設サポート
    ・ホームページ開設サポート
    ・弁護士・司法書士・税理士などの紹介
    助成金申請サポート、融資申請サポート、他
  • Q.バーチャルオフィスの銀行紹介制度とはどんな制度ですか?
    A.バーチャルオフィスの運営事業者が提携している銀行を、利用者に紹介する制度です。
    バーチャルオフィスで銀行法人口座を作りにくいという課題に対応したサービスで、必ず作れる保証はありませんが、高い確率で銀行法人口座が開設ができます。
  • Q.完全無料のバーチャルオフィスはありますか?
    A. 完全無料のバーチャルオフィスは存在しません。
    少なからず費用がかかることはご了承ください。
  • Q.バーチャルオフィスの住所を使うメリットを、わかりやすく教えてください。
    A. 最大のメリットは、バーチャルオフィスで貸し出す住所の信用度がとても高いという点です。
    バーチャルオフィスは、数多くの大企業、有名IT企業、スタートアップ企業やベンチャー企業が利用しています。
    また、バーチャルオフィスの住所で法人登記をすることで、起業したばかりの会社でも、クライアントや取引先、また金融機関から信用を得やすくなります。
  • Q.バーチャルオフィスはネットショップの住所として利用できますか?
    ネットショップの住所として問題なく利用できます。
    バーチャルオフィスの住所は、ネットショップで必要となる「特定商取引法に基づく表記」に記載できます。
  • Q.バーチャルオフィスの契約方法について、初心者にもわかりやすく教えてください。
    A. バーチャルオフィスの契約の流れは、Web申し込み、書類提出、審査、契約とシンプルで、1~2週間もあれば契約できるものがほとんどです。
    書類提出で求められるものは、印鑑登録証明書、登記簿謄本(法人)、住民票(個人)などです。
    バーチャルオフィスは不正や犯罪に使われることを防ぐために、多くのバーチャルオフィスで審査の際に面談を実際しています。
    面談では、事業内容の確認や反社ではないことの確認などが行われます。

 

バーチャルオフィス優良物件の契約時の注意点

  • 税理士はバーチャルオフィスで法人登記できません
    税理士は、税理士法第40条により、事務所を設置しなければならないため、基本的にバーチャルオフィスで法人登記することはできません。
  • 電話転送サービスを利用するには一定の条件があります
    電気通信事業法が改正され、電話転送において、確認事項と条件が増えました。
    2022年5月23日以降は、バーチャルオフィスで電話転送を利用する際、必ず本人確認が必要で、拠点と提供サービスが同じエリアにあることが条件とされています。
  • 受け取れない荷物もあります
    郵便物受け取りサービスを契約しても、すべての荷物を受け取ってもらえるとは限りませんので、契約前によく確認しましょう。
    一般的に、受け取りサービスの対象物は、郵便物や大きすぎない宅配物などです。
    受け取れなかった荷物は、スタッフ常駐の受付なら、不在票から利用者に連絡してくれます。
    いろんな荷物が届くことが想定される方は、受付スタッフ常駐のバーチャルオフィスを選ぶことをおすすめします。

 

起業・副業・事業拡大・経費節約に役立つビジネスTips

バーチャオフィスとあわせて検討したい、起業、副業、事業拡大、経費節約などに役立つビジネスTipsとおすすめ情報をご紹介します。
こちらもあわせてご活用ください。

 

【まとめ】【バーチャルオフィス研究レポート】ブランドカオスマップ・サービス比較表・ポジショニングマップ・エリア別優良物件ガイド

優良バーチャルオフィスを厳選して、ブランドカオスマップ・サービス比較表・ポジショニングマップ・エリア別優良物件ガイドをご紹介しました。

こちらもご覧ください

こちらのブログでは、バーチャルオフィスをメインに、スモールビジネスに役立つ情報を発信しています。

記事を公開したら、X(ツイッター)でお知らせします。
フォローと読者登録をお待ちしています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
※この記事の画像はバーチャルオフィス各社の公式ホームページから引用・抜粋しています。